【生涯学習のユーキャン】宅建主任者受験講座

2007年06月23日

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説 夢をみる島



ゼルダの伝説 夢をみる島









一年かけて自力でクリアした。
当時、攻略本を見ずに一年くらいかけてクリアした。

夜、電気をおとした真っ暗な部屋でゲームボーイライトでプレイするのが日課になっていたなあ。

楽しみにしていた。
スーファミ版が大好きだったから、フィールドの音楽を聞いたら、懐かしさでたまらなくなって泣きそうになったくらい。
スーファミ版は攻略本を見ちゃったからね。これは何が何でも自力でクリアしようと半ばむきになってやっていたんだけど、やっぱり何回かつまることはあったなあ。

それでも諦めず、時間をおいてからプレイしてみたりして、なんとか自力でやり切ったんだけどね。結局、一年くらいかかっちゃったんだけども。

達成感がすごかったなあ。めちゃくちゃ自分で自分を誉めてあげたい気分になった。
友達にも自慢したしね。ポカンとした顔をしていたけど。

自分的にはこれが一番好きなゼルダかもしれない。思い入れのあるゲームだなあ。

ゲームという夢物語の中で語られる夢物語
アクションゲームとしても十分楽しめますが何よりストーリーが素晴らしく、当時小学生だった私ですがあの衝撃はいまだに忘れられません。

とは言っても大まかなストーリーは伝えようとすれば簡単に伝えられます。しかし他のキャラクター、演出、セリフの一つに至るまでがこの物語の真相と深層に繋がっているのでやはり実際にプレイしてもらうのが一番だと思います。

平穏な生活に何の疑いもなく生きるひと達とそれをおびやかす存在と守る存在。

外の世界を夢見て歌い続ける少女。

醒めない夢を見続ける島の神。

それを、ゼルダの世界では有り得ないほど個性的なキャラクター達が話を引き立てます。

全てはあなたの手に掛かっています。


― わたしが、カモメだったら....
  ずっと、とおくへ、とんでいくのに
  いろんなところへ いって、
  いろんなひとたちと、うたうの
  「かぜのさかな」に、いのれば
  わたしのおねがい かなうのかしら ―


DSでは出来ませんがぜひDSをやってるお子さんにやってほしいです。

懐かしい・・・
このゲームを買ったのは僕がまだ小学校一年の時でした(たぶん)そしてはじめてプレイするゼルダシリーズともなったのです、今考えるととても懐かしいですこのゲームで好きだったところはやっぱりGBとしてかなり完成度がたかいところです、釣りもできたし・・・そしてなんだかほんわかした雰囲気がありました、まさにGBゲームの最高傑作です結局クリアできなかったのですが(しかもレベル2のところで詰まってた)もういちどやりたいくらい好きでした(。。;)このゲームを買ったからゼルダシリーズにハマったんだと思います、思い出のゲームです・・・
posted by ぴぴ at 09:34 | ゼルダの伝説


【ぱちんこウルトラセブン&ぱちんこウルトラマン・日給10万円CPU攻略】



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。